Apache2.2でWebDAV

WebDAV(Distributed Authoring and Versioning protocol for the WWW)でファイル共有を行うための設定です。

Apache2.2では設定ファイルが個別になっており、httpd.confでインクルードするようになっています。

ロックディレクトリの作成。作成したらディレクトリの所有者をapacheに変更する。

# mkdir /usr/local/apache2/var
# chown apache:apache /usr/local/apache2/var

WebDAVディレクトリの作成。作成したらディレクトリの所有者をapacheに変更する。

# mkdir /home/httpd/dav
# chown apache:apache /home/httpd/dav/

httpd.confの編集。httpd-dav.confをインクルードするためコメントアウトする。

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
# Distributed authoring and versioning (WebDAV)
Include conf/extra/httpd-dav.conf

httpd-dav.confの編集。自分の環境に合うように書き換える。

# vi /usr/local/apache2/conf/extra/httpd-dav.conf
上で作成したロックディレクトリの場所
DavLockDB "/usr/local/apache2/var/DavLock"
共有したい場所のエイリアス
Alias /dav "/home/httpd/dav"
ディレクトリの制御設定
WebDAVを有効にする
Dav On
ブラウザアクセス時に自動でファイル一覧indexを作成する
Options Indexes
認証のタイプ:ダイジェスト認証
AuthType Digest
認証ダイアログに表示する名前:なんでもよい
AuthName DAV
パスワードファイルの指定
AuthUserFile "/usr/local/apache2/conf/user.passwd"
OPTIONSメソッド以外は認証が必要
認証されたユーザは誰でもアクセス可能
require valid-user

アクセス用パスワードの作成

“test”ユーザーのパスワードを作成。realmは上で設定したAuthNameと同じにする。この場合DAV。

# /usr/local/apache2/bin/htdigest -c /usr/local/apache2/conf/user.passwd DAV test
Adding password for webshare in realm DAV.
New password:
Re-type new password:

apache2の再起動

# /etc/rc.d/init.d/apache2 restart
httpdを停止中: [ OK ]
httpdを起動中: [ OK ]

動作の確認

クライアント側でIEを起動して、ファイル→開く、でWebDAVの”ドメインorIP/dav?”を入力。そして、Web フォルダとして開くにチェックをいれOKをクリック。パスワード入力のダイアログが出るので入力し、無事に入れればOK。


スポンサーリンク
Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Ads by Google