SoftEther VPN 2.0

を導入してみた。物理層のLANカードやスイッチングハブなどをソフトウェア的に実現するソフト。ルータを超えて遠隔地のPCをLAN内のPCのように扱える。

バージョン1のときに一度使ってみて便利だなと思ったが、2になってすごく進化している。現実にあるブリッジとかレイヤー3スイッチなども実現しているから驚いた。また、仮想ネットワーク内でNATやDHCPを動かしたり、さらにはSoftEther Serverを複数のPCで動かしてクラスタリングしたりとなんでもありな感じ。

スポンサーリンク
Ads by Google

リンク


スポンサーリンク
Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Ads by Google