WebDAVクライアント – NetDrive

WebDAVやFTPサーバをマウントしてネットワークドライブのように扱うソフト。ドライブ文字を割り当てられるので、ファイルシステムレベルでネットワークドライブとほぼ同じ感覚で扱える。いろんなアプリケーションで直接読み書きできる。

こういう機能は、MacやLinuxならOSレベルでサポートされているのだが、Windowsではエクスプローラでしかやり取りできない。それに、エクスプローラのWebDAV機能にはバグが満載でまともに使えない。

NetDriveとはNovell社の製品でフリーなのだが、ライセンスの問題でNovell社のHPには置いてないらしい。なので”netdrive.exe”を検索して見つけるしかない。最新版はnetdrive.exe v4.1.883

こんな感じで、ドライブ番号が割り当てられる。

エクスプローラのWebフォルダも併用する場合は、日本語のファイル名が文字化けしてしまうので。以下の設定を行う。

サイトの設定画面で、AdvancedをクリックしGeneralのAlways send URLs as UTF-8 にチェックをいれる。以上。

一般的なアプリケーションでも問題なく扱えるので、たとえばブラウザのお気に入りの保存フォルダに設定して、デスクトップとノート、もしくは家と学校などで共有すれば(゚Д゚ )ウマー


    • 久々に実家に帰った感想は? — asi2005-12-25 (日) 16:57:37
    • 社長!パソコンから煙が出てます!働きすぎですよ! — admin 2006-01-01 (日) 21:19:23
    • passかえた? — adnim2006-01-03 (火) 10:41:10
    • かえたよ? — admin 2006-01-03 (火) 22:19:20
スポンサーリンク
Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Ads by Google