北陸ドライブ part3

3日目です。本日は、白川郷と白山スーパー林道を経由してそのまま帰る予定です。

時間に余裕があるので、下道の国道156号を南下しますが、昨日と同じく、山を登って行くにつれて滝のような豪雨で前が見えないくらいです。

白川郷

白川郷に着くころには小雨にはなっていましたが、長居することなく早々と退散。

白山スーパー林道

日の当たらない場所には、まだ雪が残っていますね。

凄いところを道が通っています。途中、後ろから某スズキの黄色い某コンパクトカーがやってきたので道を譲りました。ついていこうと思いましたが、このアクセラじゃついていけない。というか、ついていく気になれない。さっそく、足回りを弄りたいなーと思った瞬間でした。

ふくべの大滝

白山スーパー林道の真ん中あたりにあります。雨が降った後のためか、水量が多くてなかなか迫力あります。

 

姥ヶ滝(うばがだき)

福井名物のおろしそば

白山スーパー林道を抜けて、おなかが減ったので福井名物のおろしそばを食らう。

おろしそばととろろそばのセット。うまかった。そば好きにはたまらないのである。

マキノ高原の並木道

北陸自動車道を敦賀ICで降りる予定が、降り口を見逃してしまったため、次の木之本ICで降りたついでに寄ってみました。

滋賀県高島市マキノ町。メタセコイアの並木道が2.4kmに渡って続きます。

なかなか気持ちのいい並木道です。

 

まとめ

毎年恒例となりつつある、梅雨のドライブ。今回は、梅雨の影響が少ないであろう能登半島をメインに北陸をドライブした。天気は、快晴ということはなかったが、白川郷以外は降られることはなかった。

能登半島は以前にも訪れたことがあるが、1泊2日の強行スケジュールだったため、かなり忙しかった覚えがある。

今回は、アクセラの慣らしも兼ねたゆったりドライブで、結果的に2泊3日でだいぶゆとりがあった。

能登半島は「のと里山海道」のような高規格の一般道路が途中まで整備されていることもあり、かなりハイペースに移動が可能。アクセラは、このような高速域だと非常に気持ちよくドライブできる。反面、白山スーパー林道のようにカーブの多い山道は今一つな感じ。

3日間の走行距離:約1,300km

平均燃費:16.9km/lL

アクセラ(AT)のカタログ燃費19.0km/Lに比べると実燃費はあまりよくない。慣らし運転なのでそれほど荒い運転をしたつもりはないんだけどなあ。

スイフト(MT)はカタログ燃費14.6km/Lに対して実燃費が16km/Lくらいだったので、違いとしてはMTとATの運転の仕方によるものなんだろうか。MTの操作に慣れている身としては、ATの挙動にはまだ馴染めない感じ。

アクセラ納車後、初の長距離だったが、特にトラブルもなく快調。スイフトに比べて、ボディサイズもエンジンも大きくなったおかげで、長距離運転は非常に楽。高速もレーダークルーズコントロールで長時間の運転でも疲れない。今後のロングドライブに活躍してくれることだろう。ただ、スイフトと比べてクルマの特性はだいぶ違うため、違和感は多々ある。徐々に慣れる必要はあるだろう。詳細なインプレッションはまた後日。

スポンサーリンク
Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Ads by Google