postfix and qpopper

Last-modified: 2010-03-08 (月) 12:51:19 (2816d)

送信メールサーバ

postfixのインストール

postfixはデフォルトでインストール済みで、自動的に起動するようになっています。

設定ファイルを編集します

# vi /etc/postfix/main.cf
#myhostname = host.domain.tld
myhostname = tp390x.niwaka.ddo.jp

mydomain = niwaka.ddo.jp

#myorigin = $myhostname
myorigin = $mydomain

inet_interfaces = all

mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain $mydomain

mynetworks = 192.168.0.0/24, 127.0.0.0/8

relay_domains = $mydestination

smtpd_client_restrictions = permit_mynetworks,			←SPAM対策
                            reject_rbl_client relays.ordb.org,
                            permit

postfixの再起動

# /etc/rc.d/init.d/postfix restart
Postfixを停止中:                                           [  OK  ]
Postfixを起動中:                                           [  OK  ]

受信メールサーバ

qpopperのインストール

qpopperはinetdによって起動されるので、先にinetdをインストールします。

# apt-get install inetd
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  inetd
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 1 個
29.2kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 36.3kB のディスク容量が追加消費されます。
取得:1 http://updates.vinelinux.org 3.1/i386/main inetd 0.17-0vl1 [29.2kB]
29.2kB を 0s 秒で取得しました (98.9kB/s)
変更を適用しています...
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:inetd                  ########################################### [100%]
完了

つづいて、qpopperをインストールします

# apt-get install qpopper
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  qpopper
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 1 個
0B/560kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 1192kB のディスク容量が追加消費されます。
変更を適用しています...
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:qpopper                ########################################### [100%]
create backup /etc/inetd.conf.rpmsave
完了

qpopperはインストールだけで特に設定する必要はありません。

inetdを起動します

# /etc/rc.d/init.d/inet start
Starting INET services:                                    [  OK  ]

LAN内のクライアントより送受信できるか確認します

LAN内で動作が確認できたら、外部からアクセスできるようにルータに穴を開けます。 外部から送信する場合は25番ポート(smtp)を、受信する場合は110番ポート(pop)を、サーバマシンに対してポートマッピング設定します。

外部からの確認および不正中継のテスト

確認くん で、自分のIPアドレスを確認します。

Mail relay testing のAddress to test:欄に先ほど調べたIPアドレスを記入して、Test for relayを押します。

初めのほうに、

Connecting to 自分のIPアドレス for anonymous test ...
<<< 220 自分のホスト名 ESMTP Postfix
>>> HELO www.abuse.net
<<< 250 自分のホスト名

と表示されれば、アクセスできたことがわかります。

ずらずらとテストが行われて、

一番最後に、

Relay test result
All tests performed, no relays accepted.

と表示されればOKです。

Tips

ログイン不可のメール用ユーザーアカウントを作成する

# useradd -s /bin/false [ユーザーアカウント]

パスワードを付ける

# passwd [ユーザーアカウント]
Changing password for user xxxxxx.
New password:
Retype new password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.

メールを転送したいとき

# cd /home/[ユーザーディレクトリ]

で、

# vi .forward
xxx@ooo.ne.jp

に転送先のメールアドレスを記入して保存する。

コメント