VineLinux4.x/サーバ管理/Muninのインストール

Last-modified: 2008-11-27 (木) 23:02:30 (3282d)

MRTGよりも詳細な表示が出来るMuninをインストールしてみました。MRTGに比べて導入が手強いです。

RRDtoolのインストール

# cd /usr/src/vine/SOURCES/
# tar zxf rrdtool-1.2.15.tar.gz 
# cp rrdtool-1.2.15/rrdtool.spec ../SPECS/
# cd ../SPECS/

SPECファイルを変更

# vi rrdtool.spec
Requires: perl(:MODULE_COMPAT_%(eval "`%{__perl} -V:version`"; echo $version))
↓
Requires: perl

ビルドに必要なパッケージをインストール

# apt-get updateinstall openssl-devellibpng-devel libpng-devel zlib-devel libart_lgpl-devel  freetype-devel python-devel freetype-2devel tcl

ビルド

# rpmbuild -ba --define='perl_vendorarch %(eval "`perl -V:installvendorarchh`"; echo $installvendorarch)' --define='python_sitearch %(python -c "from distutils.sysconnfig import get_python_lib; print get_python_lib(1)")' rrdtool.spec

インストール

# cd ../RPMS/i386/
# rpm -Uvh rrdtool* perl-rrdtool* python-rrdtool*

Muninに必要なパッケージをインストール

# apt-get install perl-HTML-Template procps perl-libwww-perl perl-DateManip

CPANモジュールをrpmへ変換できるようにする

Enterを押しまくればいいと思います。

# cpan install RPM::Specfile
# cpan install YAML

perl-Net-Serverのインストール

  • http://search.cpan.org/

    から Net::Server を検索してNet-Server-0.94.tar.gzを、/usr/src/vine/SOURCES/に保存する。

# cd /usr/src/vine/SOURCES/
# cpanflute2 Net-Server-0.94.tar.gz
# rpm -Uvh perl-Net-Server-0.94-8.src.rpm
# cd ../SPECS/

SPECファイルを変更

# vi perl-Net-Server.spec
Requires: perl(:MODULE_COMPAT_%(eval "`%{__perl} -V:version`"; echo $version))
↓
Requires: perl

ビルド

# rpmbuild -ba perl-Net-Server.spec

インストール

# cd ../RPMS/noarch/
# rpm -Uvh perl-Net-Server-0.94-8.noarch.rpm

sysstatのインストール

# cd /usr/src/vine/SOURCES/

ビルド

# rpmbuild --rebuild sysstat-8.1.7-1.src.rpm 

インストール

# cd ../RPMS/i386/
# rpm -Uvh sysstat-8.1.7-1.i386.rpm

Muninのインストール

# cd /usr/src/vine/SOURCES/

ビルド

# rpmbuild --rebuild munin-1.2.4-8rhel3.src.rpm

インストール

# cd ../RPMS/noarch/
# rpm -Uvh munin-*

設定ファイルの編集

# vi /etc/munin/munin.conf

出力先ディレクトリの変更

htmldir /var/www/html/munin

ディレクトリの所有権を変更

# chown munin:munin /var/www/html/munin/

munin-nodeの起動

# /etc/init.d/munin-node start
Starting Munin Node:                                       [  OK  ]

自動起動の設定

# chkconfig munin-node on
# chkconfig --list munin-node
munin-node      0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off

これで、http://IP_or_HOST/munin/にアクセスすると以下のように表示されるはず。

munin.png

おまけ

リンク

コメント



添付ファイル: filemunin.png 722件 [詳細]