VineLinux4.x/サーバ管理/Webalizerのインストール

Last-modified: 2008-11-28 (金) 22:43:12 (3281d)

Webalizerのインストール

# apt-get install webalizer
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  TrueType-base TrueType-kochi-subst ftdumps mktcapdir
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  TrueType-base TrueType-kochi-subst ftdumps mktcapdir webalizer
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 5 個, 削除: 0 個, 保留: 1 個
10.5MB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 18.2MB のディスク容量が追加消費されます。
続行しますか? [Y/n]y
取得:1 http://updates.vinelinux.org 4.2/i386/main ftdumps 0.1.1-0vl3 [28.7kB]
取得:2 http://updates.vinelinux.org 4.2/i386/main mktcapdir 0.5.4-0vl2 [13.9kB]
取得:3 http://updates.vinelinux.org 4.2/i386/main TrueType-base 4.4.1-0vl1 [11.3kB]
取得:4 http://updates.vinelinux.org 4.2/i386/plus TrueType-kochi-subst 4.6-0vl3 [10.3MB]
取得:5 http://updates.vinelinux.org 4.2/i386/plus webalizer 1:2.01.10-0vl3 [141kB]
10.5MB を 6s 秒で取得しました (1552kB/s)
変更を適用しています...
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:ftdumps                ########################################### [ 20%]
   2:mktcapdir              ########################################### [ 40%]
   3:TrueType-base          ########################################### [ 60%]
   4:TrueType-kochi-subst   ########################################### [ 80%]
   5:webalizer              ########################################### [100%]
完了

設定ファイルの変更。

# vi /etc/webalizer.conf
Apache2のログファイルの場所
LogFile        /var/log/httpd/access_log.1
↓
LogFile        /var/log/apache2/access_log

解析結果の出力先ディレクトリ
OutputDir      /home/httpd/html/webalizer

タイトルに表示されるホストネーム
#HostName       localhost
↓
HostName       kayanomori.net

解析するファイルタイプにPHPを追加
PageType	php

解析結果にログインユーザーは表示したくないので0に
#TopUsers        20
TopUsers        0

解析結果から隠したいサイト
#HideSite	localhost
↓
HideSite	localhost
HideSite        *kayanomori.net

解析結果から隠したいリファラー
HideReferrer	kayanomori.net/

自サイトからのリファラーは隠す
#HideReferrer	Direct Request
↓
HideReferrer	Direct Request

解析結果から隠したいファイルタイプ
HideURL		*.css
HideURL		*.js
HideURL		*.ico

実行してみる。

# webalizer
Webalizer V2.01-10 (Linux 2.6.16-76.39vl4) Japanese(EUC)
ログファイル ―  /var/log/apache2/access_log (clf)
作成ディレクトリ: /home/httpd/html/webalizer
ホスト名 ―  'vmx.kayanomori.net'
ヒストリファイルが見つかりません...
以前の実行データが見つかりません...
現在の実行データを保存しています... [11/27/2008 23:07:20]
月別レポート作成 ―  2008年 11月
総合レポートの作成
ヒストリ情報の保存...
299 レコードありました.  処理時間: 0.23 秒

結果を見るには、http://IP_or_HOST/webalizer/をブラウザで開く。

webalizer.png

検索文字列の文字化け対策

検索文字列が文字化けしているので、文字コード変換スクリプトを作成し解析結果に対して実行する。

# vi /usr/local/bin/mojiconv
#!/usr/bin/perl
use Jcode;
open (IN ,$ARGV[0]);
while (<IN>){
    $_ =~ s/%([a-fA-F0-9][a-fA-F0-9])/pack("C", hex($1))/eg;
    Jcode::convert(\$_,euc);
    print $_;
    }
close (IN);
exit;

実行権限を与える。

# chmod 755 /usr/local/bin/mojiconv

試しに実行してみる。

# cd /home/httpd/html/webalizer/
# ls
ctry_usage_200510.png    hourly_usage_200510.png  usage_200510.html
ctry_usage_200511.png    hourly_usage_200511.png  usage_200511.html
daily_usage_200510.png   index.html               webalizer.current
daily_usage_200511.png   usage.png                webalizer.hist
# mojiconv usage_200511.html > test.html

test.htmlにアクセスしてみて文字化けが直っていたらOK。完全ではないがある程度解消しているはず。

もし、エラーが出て実行できない場合は、

# apt-get install perl-Jcode

をインストールする。

自動実行するためのスクリプトを作成。

# vi /usr/local/bin/weba.sh
#!/bin/sh
/usr/bin/webalizer > /dev/null
TMONTH=/home/httpd/html/webalizer/usage_20`date +%y%m`.html
LMONTH=/home/httpd/html/webalizer/usage_20`date --date '1 month ago' +%y%m`.html
/usr/local/bin/mojiconv $TMONTH > $TMONTH.temp
/usr/local/bin/mojiconv $LMONTH > $LMONTH.temp
mv -f $TMONTH.temp $TMONTH
mv -f $LMONTH.temp $LMONTH

今月と先月の結果に対してmojiconvする。

実行権限を与える。

# chmod 755 /usr/local/bin/weba.sh

実行してみる。

# /usr/local/bin/weba.sh

問題なければcronに登録。

# crontab -e
0 4,19 * * * /usr/local/bin/weba.sh
4:00と19:00に実行する例。

標準の設定だと毎週4:02にapacheのログファイルがローテイトされるのでその2分前の4:00に設定。

コメント



添付ファイル: filewebalizer.png 768件 [詳細]