PPTPサーバ

Last-modified: 2008-11-08 (土) 11:29:59 (3301d)

概要

VPNといってもいろいろ種類があるわけですが、Windowsクライアントから手軽にVPNすることを考えるとPPTPかなと。

※PPTP…Point-to-Point Tunneling Protocol

Vine LinuxでPPTPやるには、カーネルの再構築などが必要なようだが、やらなくてもとりあえず出来た。

設定手順

カーネルのバージョンは2.4.33-0vl0.9。

まず、pppdをインストールしておく。

# apt-get install ppp
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  libpcap
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libpcap ppp
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 2 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個
791kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 1716kB のディスク容量が追加消費されます。
続行しますか? [Y/n]y
取得:1 http://updates.vinelinux.org 3.2/i386/main libpcap 1:0.8.3-0vl1 [472kB]
取得:2 http://updates.vinelinux.org 3.2/i386/main ppp 2.4.3-0vl0.2 [319kB]
791kB を 1s 秒で取得しました (618kB/s)
変更を適用しています...
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:libpcap                ########################################### [ 50%]
   2:ppp                    ########################################### [100%]
完了

次に、pptpdのインストール。

# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/poptop/pptpd-1.3.3-1.src.rpm
# rpm --rebuild pptpd-1.3.3-1.src.rpm
# rpm -ivh /usr/src/vine/RPMS/i386/pptpd-1.3.3-1.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:pptpd

自動起動設定

# chkconfig pptpd on

モジュールのオートロード設定

# vi /etc/rc.local
modprobe ppp_mppe
  • 本来は/etc/modules.conf に
    alias ppp-compress-18 ppp_mppe
    alias ppp-compress-21 bsd_comp
    alias ppp-compress-24 ppp_deflate
    alias ppp-compress-26 ppp_deflate
    と書くのが正しいのだろうが、なぜか読み込んでくれない。

設定ファイルの編集

# vi /etc/pptpd.conf
localip 192.168.10.200			PPTPサーバのIPアドレス
remoteip 192.168.10.201-210		PPTPクライアントに割り当てるIP
# vi /etc/ppp/options.pptpd
name pptpd           	PPTPサーバ名
require-mschap-v2    	mschap-v2を許可
require-mppe-128     	mppe-128を許可
# vi /etc/ppp/chap-secrets
# client        server  secret                  IP addresses
test            pptpd	 password          		 *

認証するユーザーの設定。serverは上のPPTPサーバ名と同じにする。

ppp_mppeモジュールをロードする。Warningが出てくるが気にしない。

# modprobe ppp_mppe
Warning: loading /lib/modules/2.4.33-0vl0.9/kernel/drivers/net/ppp_mppe.o will taint the kernel: non-GPL license - BSD without advertisement clause
  See http://www.tux.org/lkml/#export-tainted for information about tainted modules
Module ppp_mppe loaded, with warnings

ロードされたか確認。

# lsmod | grep mppe
ppp_mppe               12888   0  (unused)
ppp_generic            26532   0  [ppp_mppe]

pptpdを起動。

# /etc/init.d/pptpd start
Starting pptpd:                                            [  OK  ]

これで、WindowsクライアントからMS CHAP V2とMPPE 128で接続できるはずです。

vpn.png

PPTPクライアントの設定はこちら

あと、外部から接続する場合は、ルータのTCPポート1723番を開けておく。

参考

コメント



添付ファイル: filevpn.png 80件 [詳細]