Analogのインストール

Last-modified: 2008-11-08 (土) 11:29:59 (3301d)

概要

http://www.jp.analog.cx/

アクセス解析のanalogをインストールします。

設定手順

ダウンロード

Vine用のパッケージがなかったのでsrc.rpmをダウンロードしました。

# wget http://www.iddl.vt.edu/~jackie/analog/analog-6.0-1.src.rpm
--16:49:43--  http://www.iddl.vt.edu/%7Ejackie/analog/analog-6.0-1.src.rpm
           => `analog-6.0-1.src.rpm'
www.iddl.vt.edu をDNSに問いあわせています... 198.82.160.64
www.iddl.vt.edu[198.82.160.64]:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 1,419,264 [application/x-rpm]

100%[==============================================>] 1,419,264    293.26K/s    ETA 00:00

16:49:49 (257.07 KB/s) - `analog-6.0-1.src.rpm' を保存しました [1419264/1419264]

src.rpmのインストール

# rpm -ivh analog-6.0-1.src.rpm
   1:analog                 ########################################### [100%]
  

rpmファイルの作成

# rpm -bb /usr/src/vine/SPECS/analog.spec
実行中(%prep): /bin/sh -e /var/tmp/rpm-tmp.65461

rpmのインストール

# rpm -ivh /usr/src/vine/RPMS/i386/analog-6.0-1.i386.rpm
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:analog                 ########################################### [100%]

設定ファイルの編集

# vi /etc/analog.cfg
# If you need a LOGFORMAT command (most people don't -- try it without first!),
# it must go here, above the LOGFILE commands.
LOGFILE /usr/local/apache2/logs/access_log*		←apacheのログファイルを指定
# LOGFILE /old/logs/access_log.*
# OUTFILE Report.html
# HOSTNAME "[my organisation]"
OUTFILE /home/httpd/html/Report.html
CHARTDIR images/
LOCALCHARTDIR /home/httpd/html/images/
LANGUAGE JAPANESE-EUC

HOSTNAME "niwaka.ddo.jp"
HOSTURL http://niwaka.ddo.jp
STYLESHEET ./style.css
HOSTEXCLUDE 192.168.0.*		←ローカルアドレスからのアクセスを解析しない
FULLBROWSER ON

シンボリックリンクの作成

# ln -s /var/www/html/images /home/httpd/html/images

定期的に起動するように設定

# crontab -e
0 * * * * /usr/bin/analog

1時間ごとに起動するようにする。メールが着てウザいときMAILTO=""を追加。

tips

検索語レポートの文字化け防止

Jcode.pmが必要なので先にperl-Jcodeをインストールする。

# apt-get install perl-Jcode
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  perl-Jcode
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 3 個
165kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 546kB のディスク容量が追加消費されます。
取得:1 http://updates.vinelinux.org 3.1/i386/plus perl-Jcode 0.83-0vl4 [165kB]
165kB を 0s 秒で取得しました (370kB/s)
変更を適用しています...
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:perl-Jcode             ########################################### [100%]
完了

http://www.inwonder.net/~dayan/pukiwiki/index.php?analog%B4%D8%CF%A2

より、analogurldecode ベータ版その2 を貰ってくる。

analogurldecodeというファイル名で/usr/local/binに配置する。

実行権限を与える。

# cd /usr/local/bin/
# chmod 755 analogurldecode

シェルスクリプトの作成

# vi analogdec.sh
#!/bin/bash
/usr/bin/analog
cd /home/httpd/html
/usr/local/bin/analogurldecode Report.html > report.html

実行権限を与える。

# chmod 755 analogdec.sh

実行してみる

# analogdec.sh
/usr/bin/analog: analog version 6.0/Unix
:

問題なく実行できたら、cronに登録する。

上ですでにanalogを登録している場合は置き換える。

# crontab -e
0 * * * * /usr/local/bin/analogdec.sh

解析データをほかのコンピュータに移動したいとき

元のコンピュータで、

# vi /etc/analog.cfg

追加

CACHEOUTFILE /root/cache.db

実行

# analog

cache.db を移動先のコンピュータに持ってきて、

たとえば、

# mv cache.db /var/analog-6.0/cache.db

に移動。

# vi /etc/analog.cfg

追加

CACHEFILE /var/analog-6.0/cache.db

実行

# analog

これで、cache.db + apacheのログファイル が解析されるようになります。

コメント