2005-07-20

Last-modified: 2008-11-08 (土) 11:29:59 (3301d)

トランスポート層の TCP, UDP について,それぞれが持つ特徴的な機能

TCPを使用した通信では、IPデータを受け取った後、信頼性のあるデータ転送を行うための制御を行っている。信頼性のある通信を実現するためにデータ破壊やパケットの喪失、重複、順序の入れ替わりなどの問題に対応できるようになっている。 UDPは通信に信頼性がないコネクションレス(データグラム)型のプロトコルである。TCPと違い、送信先にデータが届いたかどうか確認をとらず、処理が簡単である。そのため、通信速度はTCPよりも早い。UDPは信頼性はないが、高速な通信が行えるので、音声や動画などのマルチメディア通信、データ量の小さい通信、ブロードキャスト・マルチキャストのような目的に利用される。

MAC アドレスの構造,次のメーカーが持つベンダコード

Macアドレスは、「AA:CC:BB:05:12:34」というように、48ビットの数字を6ビットずつの数字に区切って表現されている。前半24ビットは、メーカーの識別番号で米国電気電子学会(IEEE)によって管理されており、後半の24ビットはハードウェアの識別番号で「NIC」(日本ではJPNIC)によって管理されている。MACアドレスは、各ハードウェアにあるROMに焼きこまれていて、同じMacアドレスのハードウェアは世界で一つしか存在しない。

シスコシステムズ(Cisco)00-00-0C、00-01-42ほか
日本電気(NEC)00-00-4C
ゼロックス(Xerox)00-00-00、00-00-01ほか
アップル(Apple)00-03-93、00-05-02ほか
松下電器(MATSUSHITA)00-0B-97
富士通(FUJITSU)00-00-0E、00-0B-5Dほか
エプソン(SEIKO EPSON)00-00-48
バッファロ(Melco)00-06-0C、00-07-40ほか
シャープ(SHARP)08-00-1F

162.17.0.0/16 というネットワークを16個のサブネットに分割したときのサブネットマスク及び各ネットワークアドレス

162.17.0.0/16

ネットマスク

255.255.0.0
11111111.11111111.00000000.00000000

サブネットマスク

255.255.240.0
11111111.11111111.11110000.00000000

各ネットワークアドレス

162.17.0.0-162.17.15.0
162.17.16.0-162.17.31.0
162.17.32.0-162.17.47.0
162.17.48.0-162.17.63.0
162.17.64.0-162.17.79.0
162.17.80.0-162.17.95.0
162.17.96.0-162.17.111.0
162.17.112.0-162.17.127.0
162.17.128.0-162.17.143.0
162.17.144.0-162.17.159.0
162.17.160.0-162.17.175.0
162.17.176.0-162.17.191.0
162.17.192.0-162.17.207.0
162.17.208.0-162.17.223.0
162.17.224.0-162.17.239.0
162.17.240.0-162.17.255.0

ルーティングプロトコルである RIP と OSPF について,両者の違いと動作原理

RIPでは、メトリック(あて先ネットワークまでのルータのホップ数)がより少ない経路情報が最適経路として使用される。最大メトリックは15となっており、これを超えた場合は到達不能と見なされる。RIPでは、これらのすべての経路情報を30秒周期で隣接ルータにアナウンスすることにより、情報の更新を行う。 OSPFでは、コスト値(主にインターフェイスの帯域幅により決定)の低い経路情報が最適経路として使用される。また、一度リンクステート情報が交換されると、この情報に更新がない場合は、基本的にはHelloパケットによる生存確認のみを行う。そして、更新があった場合には、その差分情報だけを交換する。

現在,最も使われている UTP ケーブルの種類について,それぞれの違い

規格名IEEE仕様伝送速度ケーブル長媒体
1Base5802.3e1Mbps250mUTP(2対)
10Base-T802.3i10Mbps100mUTP(2対CAT3)
100Base-TX802.3u100Mbps100mUTP(2対CAT5)
100Base-T4802.3u100Mbps100mUTP(4対CAT3)
100Base-T2802.3x100Mbps100mUTP(2対CAT3)
1000Base-T802.3ab1000Mbps100mUTP(4対CAT5)

コメント