小ネタ集/VineLinux

Last-modified: 2009-12-11 (金) 21:03:50 (2903d)

VineLinux4.x

余計なsnmpdのログをmessagesに吐かせないようにする

# vi /etc/init.d/snmpd
OPTIONS="-Lsd -Lf /dev/null -p /var/run/snmpd -a"
↓
OPTIONS="-LS 4 d -Lf /dev/null -p /var/run/snmpd -a"

レベル4でwarningに満たないメッセージはロギングしない。

# /etc/init.d/snmpd restart

Vine3.xみたいにlocateコマンドを使えるようにしたい

# vi /etc/updatedb.conf
DAILY_UPDATE=no
↓
DAILY_UPDATE=yes

ファイルシステムをライトバックにする

ライトバックにすることでディスクパフォーマンスが上がるらしい。

fstabを編集

# vi /etc/fstab
LABEL=/    /   ext3    defaults,noatime,data=writeback    1    1

data=writeback でライトバックになります。 noatime でreadが発生する度にファイルの最終アクセス時刻が更新されるのを防ぎます。

grubのmenu.lstを編集

# vi /boot/grub/menu.lst
title Vine Linux (Current kernel)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz ro root=LABEL=/ resume2=swap:/dev/hda3 vga=0x314 rootflags=data=writeback
        initrd /initrd.img

rootflags=data=writeback を追加

マウント状況を確認

# mount
/dev/hda2 on / type ext3 (rw)
none on /proc type proc (rw)
none on /proc/bus/usb type usbfs (rw)
none on /sys type sysfs (rw)
/dev/hda1 on /boot type ext3 (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
none on /dev/shm type tmpfs (rw)
/dev/hde1 on /mnt/cf type vfat (rw)
automount(pid1784) on /misc type autofs (rw,fd=4,pgrp=1784,minproto=2,maxproto=4)
automount(pid1817) on /net type autofs (rw,fd=4,pgrp=1817,minproto=2,maxproto=4)

/にマウントしている/dev/hda2をライトバックに設定

# tune2fs -o journal_data_writeback /dev/hda2

リブート

# shutdown -r now

ライトバックになっているか確認

# mount
/dev/hda2 on / type ext3 (rw,noatime,data=writeback)
diskio-day.png

若干writeの負荷が下がっている(23時以降)↑。

コメント



添付ファイル: filediskio-day.png 78件 [詳細]