GIGABYTE BRIX で Voyage MPD part4

音が出るようになったら、残りの3つの設定を行う。

・省電力モードになっているNASを起動させる
・電源ボタンでOSをシャットダウンする
・iPhoneからAirPlay再生する

いつも使用しているNASは省電力モード(スリープ状態)で運用しており、クライアントが起動すると自動的にスリープから復帰して使用できるようにしている。なので、Voyage MPDでもOS起動と同時にNASを起動するようにしたい。

Wake On LANでNASを起動させるため、wakeonlanをインストール。

root@voyage:~# apt-get install wakeonlan

NASのMACアドレスに対してマジック・パケットを送信し、NASがスリープ状態から復帰するか確認。

root@voyage:~# wakeonlan 00:ff:ff:ff:ff:ff

OS起動時にwakeonlanを実行するよう設定。

# vi /etc/rc.local
wakeonlan 00:ff:ff:ff:ff:ff

使用中にNASがスリープにならないように、5分ごとにwakeonlanを実行するよう設定。

# crontab -e
*/5 * * * * wakeonlan 00:ff:ff:ff:ff:ff

つづいて、BRIX本体の電源ボタンを押すことでOSをシャットダウンできるようにする。

acpidをインストール。

root@voyage:~# apt-get install acpid

acpidの設定。

root@voyage:~# vi /etc/acpi/events/poweroff
event=button/power
action=/sbin/shutdown -h now

設定を反映するため、acpidを再起動。

root@voyage:~# /etc/init.d/acpid restart

BRIX本体の電源ボタンを押してみて、正常にシャットダウンできるか確認する。

次に、iPhoneなどのiOSデバイスからAirPlay再生できるようにする。

Voyage MPDではShairPortというソフトで実現可能である。

ShairPortのインストール。

root@voyage:~# apt-get install shairport

USB-DACのデバイス番号を確認。

root@voyage:~# cat /proc/asound/cards
 0 [Intel ]: HDA-Intel - HDA Intel           #オンボードオーディオ
 HDA Intel at 0xee240000 irq 17
 1 [UW10 ]: USB-Audio - YAMAHA UW10          #USB-DAC
 YAMAHA Corporation . YAMAHA UW10 at usb-0000:00:14.0-1, full speed

ShairPortの設定。音の出力先を設定。

root@voyage:~# vi /etc/default/shairport
#OUTPUT_OPTS=
OUTPUT_OPTS="-d hw:1,0"         #USB-DACのデバイス番号1を指定

設定を反映するため、shairportを再起動。

root@voyage:~# /etc/init.d/shairport restart

この後は、iPhoneなどのiOSデバイスから音の出力先をAirPlayに設定する。

 

ミュージックアプリなどで音楽を再生してみて、Voyage MPDのUSB-DACから音が出ればOK。

スポンサーリンク
Ads by Google
Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


スポンサーリンク
Ads by Google

ツッコミをいれる

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)