2012年04月 一覧

さくら

sakura01.jpg

sakura02.jpg

sakura03.jpg

sakura04.jpg

午前中は曇ってたけど、午後から晴れてきたので出かけました。すっかり快晴になって気持ちの良いドライブでした。


タイヤ・ホイール変更⇒17インチへインチアップ

rs05-sdrive.jpg

ホイール :エンケイ RS-05
インチ :17インチ リム幅:7.0J
カラー :キアロシルバー
インセット :+45.0
タイヤ :ヨコハマ(YOKOHAMA) DNA S.drive (ES03/ES03N) 215/40R17

とりあえず、タイヤハウス内にはきちんと収まっています。ハンドル切っても干渉なしです。


ホイール・タイヤのインチアップを考える

現在、純正ホイールにスタッドレスを履いています。いい加減、夏タイヤに履き替えようと思っているのですが、純正ホイールはスタッドレス用にして、社外ホイールに新しい夏タイヤを、と考えています。

ホイールを換えるんだったらインチアップ(16から17に)したいなーと。ただ、インチアップは一般的にデメリットが多いらしい。

ホイール・タイヤの合計重量の増加によるデメリットがありますが、軽いホイールを選択すれば純正と同等かそれ以下にできる(高いですが)。しかも、スイフトの欧州モデルや新型スイフトは17インチがデフォルトなので、インチアップしてもさほど無理はないのかな~と勝手に想像しています。

ググって出てきたホイール・タイヤの仕様

スイフト純正 16インチアルミホイール

ホイールサイズ 6J+50 114.3 5H
タイヤサイズ 195/50R16
ホイール重量 約8.5Kg
スイフト欧州純正 17インチアルミホイール

タイヤサイズ 195/45R17
新型スイフト純正 17インチアルミホイール

ホイールサイズ 6J+45 114.3 5H
タイヤサイズ 195/45R17

一番簡単なのは、新型スイフトの純正17インチがサイズ的にちょうどいい感じ。ヤフオクで新車外しが出てないか眺めているんですが、なかなか出てこない。ただ、タイヤサイズが195/45R17という特殊なサイズなので、後々タイヤ交換が必要になったときに選択肢が少なくて大変かなと思います。

社外だとENKEI Racing RS05を狙っている。デザイン的にも純正な雰囲気のスポークタイプ。しかも純正より軽い。

ENKEI Racing RS05 17インチアルミホイール
ホイールサイズ 7J+45 114.3 5H
ホイール重量 8.12Kg-

ENKEIの適合表を見ると、タイヤサイズは 215/40R17 になる。

タイヤはエコタイヤだけどスポーツタイプなヨコハマのS.Driveを考え中。

ENKEIの適合表に載ってるし、マイスイフトは社外のサスペンションに変えて若干ローダウンしているので、恐らく大丈夫だろうとは思うが、履けるかどうかシミュレーションしてみる。

まず、ホイール。

を見ると、

純正は、6J+50のホイールに195のタイヤサイズなので、フロントが、IM値=0mm、BC値=17.5mm、リアが、IM値=0mm、BC値=12.5mm。

インチアップして、7J+45のホイールに215のタイヤに履き替えると、フロントが、IM値=5mm、BC値=2.5mm、リアが、IM値=5mm、BC値=-2.5mm。となり、フロントは微妙、リアはフェンダーからはみ出るのでアウト。

純正とインチアップ後のBC値の差=15mm、IM値の差=5mm。

純正のサスペンションだとアウトだが、社外のサスペンションに変えて若干ローダウンしているので現状の値を計測してみた。

bc.jpg

計測結果(BC値)

前左:20mm
前右:21mm
後左:22mm
後右:25mm

計測時、風が強かったので多少誤差はあると思うが、とりあえずBC値は最低でも20mmあり、20-15=5mm以上の余裕があるので、車体からのはみ出しは何とか大丈夫かな?

問題はIM値が5mm+αになるので車体に接触しないかが心配。

参考


メンテナンスメモ2

bosch.jpg

ワイパーゴム交換。

早送りしているみたい。


スポンサーリンク
Ads by Google
Ads by Google